大倉朗人の消しゴム版画ようこそ常設展示室へ

news

「久保映理子・大倉朗人 二人展 ~キルトと消しゴム版画のハーモニー~」を開催

 クローバーカフェ高松店ギャラリーで、「久保映理子・大倉朗人 二人展 ~キルトと消しゴム版画のハーモニー~」を開催します。

会 期:2022年1月16日(日) ~ 1月30日(日)
    11:00 ~ 16:00 [休館:水曜日]
    入場無料
会 場:クローバーカフェ高松店 ギャラリー
    香川県高松市円座町979-1
    TEL:087-814-6711

    ※会場地図などの詳細は「大倉朗人個展なび」をご覧ください。

展示内容
 古い酒蔵をリノベーションした人気のカフェ「clover cafe (クローバーカフェ)」。漆喰の白壁に囲まれた瀟洒なギャラリーに、キルトと消しゴム版画の作品約50点を展示します。

 キルト作家の久保映理子さん(名古屋市在住)とは、高松市内の中学校の同窓生。素材や技法、大きさも異なる作品が隣り合うとき、どんなハーモニーを奏でるだろう— そんな好奇心から二人展の企画がスタートしました。

 雪の白を基調とした冬、枯葉色の秋、淡い花色の春、晩秋から早春までのスリーシーズンを、キルトと消しゴム版画の柔らかな色調の作品で展開します。なかでも、「青映(キルト 190cm×217cm)」と「想 (消しゴム版画135cm×135cm)」は、雪の結晶を共通のモチーフに、それぞれの技法を駆使して描いた大作です。

 キルトと消しゴム版画、ともに緻密な手仕事によって生み出された作品たち。静かな冬の日に、薪ストーブの火の灯る暖かなギャラリーで二人の手仕事にふれてみてください。

【作家プロフィール】
久保映理子 くぼえりこ、高松市生まれ。斉藤謠子氏に師事。キルトパーティ公認講師。名古屋市と高松市でキルト教室を主宰。米AQSキルトコンテストほか国内外のコンテストで入選・受賞

〈 news一覧へ戻る